顔シミ予防・シミ対策化粧品についてのブログ

顔シミ予防・シミ対策化粧品についてのブログです。紫外線のキツイ夏はもちろん、冬も気をつけたい「しみ対策」について。

ハイドロキノンの成分と効果

今あるシミを消したいのであれば、配合されている成分にも注目した方が良い、ということでここしばらくは記事を掲載しています。

ハイドロキノンという美白成分は既に出来てしまったシミを消すことができると言われています。

過去の記事、急に顔のシミが増えたでも書いていますが、

シミが最近出来た、急に出来たと思う、という方は早めにケアをスタートすると、見込みがあるかもしれません。
少なくとも濃くなるのは防ぎたいですよね( ̄^ ̄)ゞ

と、いうことでハイドロキノンの成分と効果について詳しく確認してみましょう。

ハイドロキノンの強力な効果とは

ハイドロキノンは現在のところ最も美白効果が期待できる成分として、医薬品だけでなく化粧品にも広く使用されている成分です。

元々はいちごやコーヒー、紅茶などの自然界に存在しているものなので安全性が高いと言われていますが使い方には十分注意しなければいけないものです。

例えばハイドロキノンをお肌に塗ってから紫外線を浴びることは絶対にいけないとされていますので、夜寝る前に使用するなどの注意点を守ることが大切です。

以前は医師に処方してもらわなければ使用することができないものでしたが、薬事法が改正された経緯を受けて化粧品にも配合することが許可されています。

それによってハイドロキノン配合化粧品、クリームが発売されており、一般の方でも利用しやすい状況になっています。

美白に対して非常に効果が高いと言われていますが刺激が強い成分でもありますので、影響を考えある一定の濃度より濃くすることができない成分でもあります。
大体1~2%あたりの化粧品が多いと思います。

なぜハイドロキノンはシミに強力な効果を発揮するのかその仕組について確認してみましょう。
そもそもシミができる原因はメラニン色素が生成されてしまうことで色素沈着が起こってしまうためシミとなって現れてしまいます。

それならばメラニン色素が生成される前に元を絶てばシミができないということになります。

ハイドロキノンはメラニン色素が生成される要因となるチロシナーゼという酵素の働きを抑制する効果があるためシミをできにくくする効果があるのです。

更に注目したいのが既に色素沈着をしてしまい、シミとなっている部分のメラノサイトという色素細胞を減らす効果もあるため、シミを次第に薄くすると期待できるのです。

つまりハイドロキノンを使用することによってシミを次第に消し、新たなシミを作らない予防効果も期待できるといえます。

もしも消したいシミがあって悩んでいる方は、ハイドロキノン試してみると良いかもしれません。
もちろん、使ってみて肌になんらかの影響が見られるようであれば肌に合わない可能性もありますから、すぐに使用を中止してください。