顔シミ予防・シミ対策化粧品についてのブログ

顔シミ予防・シミ対策化粧品についてのブログです。紫外線のキツイ夏はもちろん、冬も気をつけたい「しみ対策」について。

20代からやっておきたいシミ対策

シミ対策は若い時からやっておいた方が良いです。

これは間違いありません。

シミが出てしまってからでは遅いですからね。

ミネラル、ビタミンは十分に摂るように意識しておきたいですね。
普段の食事から、が基本です。

あとはシミ予防のために美白化粧品を肌に合うものを選んで使っていきたいです。

あとはお肌のターンオーバーをしっかりと。
睡眠不足にならないように、気をつけたい所です。

基本的に、紫外線に気をつけて、食事に気をつけて、規則正しい生活をしていれば大丈夫かなと思います。

シミの原因

シミの原因として、最も大きな原因となるのが紫外線です。

もう紫外線だけには気をつけています!
という方はたくさんいます。

日焼け止めを塗って、帽子をかぶって日傘をして、腕も露出しないようにして・・・
という方も周りにいます。

でも、意外と見落としているのがそれ以外のシミの原因。

ストレス、睡眠不足、タバコなどなど・・・。

紫外線対策をバッチリしているのにヘビースモーカーとか、ちょっと残念な気持ちになりますね。

タバコを吸うとビタミンCが破壊されます。
他にも悪い事いっぱいです。
毛穴、ニキビにも悪いんですよ。

タバコによるダメージってかなり大きいですから、ちょっと本数多いかも・・・という方はぜひ減らしていきましょう。

私は敏感肌なので、

ディセンシア サエル

とか使うようにしています。

敏感肌専門なので、肌が弱い方でも使いやすいと思います。

顏シミを消す化粧品選び

顏シミって急に気づくんですよね。

洗顔していて、なんかボワーっとしたのがあるなと気づいたらシミだったとか。
このとき、すごいショックです。正直。

それからシミ対策には気を遣うようになりましたね。
出来るだけ顏シミ消し効果があるような化粧品を探してみたり。

まあ、なかなかすぐに効果の出るような化粧品ってない気もしますけどね。
あったらものすごい話題になっていそうです(・o・)

突然シミが多く現れると、やはり驚きますよね。
すぐにでも何らかの対処を行う様にしていきたいと思います。
でも慌てて化粧品を使用してしまうと、逆に症状が悪化してしまう場合がありますので注意する様にしていきましょう。

肌が敏感な方、弱い方は配合成分を事前に調べる事って大切。
白斑も今だと気になりますよね。
あれって紫外線にあたると良くないみたいで、気をつけた方が良い方も多いのではないでしょうか。
つい日焼け止め塗り忘れたりするんですけどね。
気をつけないと。

正しい対策を行わないとシミの色が濃くなってしまうことがある為、間違えたケアを行ってしまう事は無い様にしたいですね。

正しい対策を行っていく為には、シミを消していく事が出来る成分が豊富に含まれているケア用品を使用する事が基本。
そんなに種類は無いので、調べると色々と化粧品が絞れてくると思います。
使用方法を注意して守る様にしていきましょう。

また正しい食事を続けていく事も大切かなと。
食事の内容を改善する様にしていきましょう。

各種ビタミンをしっかりと補給する事。
毎日の食事の内容を確認していき、問題となるべき点を排除する様にしていきましょう。

この様な事を続ける事で、十分シミに対処を行っていく事が可能となります。

一番良くないのは焦って適当な化粧品を使用してしまいその結果症状を悪化させる事なんですよね。
まずは症状を悪化させない様にしていきましょう。

シミが出てきてしまっている部分を、特定の成分で刺激してしまったりすると色が濃くなってしまう場合がありますので、合っていない物を使用するのは控える様にしましょう。

顔のシミ。
少なくとも、濃くならないようにはしたいですよね。

夏のシミ対策

もうすっかり暑い!という日が増えてきましたね。

30度を超えると肌もじりじり・・・

夏の紫外線対策ってとても大切です。

なんと、夏の紫外線量って冬の2倍!らしいですから。
しっかり紫外線対策しないと、確実に潜在シミを作ってしまい、数年後にじわじわとシミが浮き出てくる・・・といったことになりかねません。

気をつけるべきポイントは、夕方。

しっかり日焼け止めを塗ったとしても、さすがに夕方まで高い効果を維持するのは難しいそうです。

なので、シミ対策として、日焼け止めを面倒でも合間に一回塗ると良いですね。

また、日焼け止めもフェイス用、ボディ用とあります。

体の箇所によって肌が敏感なんですね。
特に顏。
肌の敏感なところが多いですから、フェイス用は分けて用意した方が良いでしょう。

肌の弱い方は、紫外線吸収剤ではなく、紫外線散乱剤の配合されたものを使うと良いと思います。

後は、日傘、帽子、サングラスなどを使う事も紫外線対策として効果的!

日傘を調べてみたら、完全遮光100%っていうのがありました。


こうした紫外線対策アイテムも使いつつ、日差しの強い夏を楽しく、快適に過ごしたいですね。

突然現れてしまったシミの原因とは?

シミというのはいきなり顔の表面に出てしまう物ではないというイメージがありますが、実際には突然顔に多く出てきてしまう場合があります。

ある日突然顔の表面にシミが現れてしまう原因としてはやはり紫外線を長時間浴び続けてしまう事が挙げられます。

基本的に紫外線は人体に有害な物となっていますので、これを長時間浴び続けてしまうと人体にダメージを与えてしまいます。

そうしたダメージを防ぐ為に人体はメラニン色素を作り出して守ろうとするのですが、これが原因となってシミが出てくる様になってしまうのです。

かといってメラニンが完全にダメと言うわけではないんですよね。
メラニンが無いと人はすぐに皮膚ガンになってしまうと言われます。
ちゃんと役割があるんですね。
なので、シミにならないようにケアをしてあげる事が大切です。

シミというのは有害な紫外線から皮膚を守る為に体が作る物となっているのですが、やはり見た目に影響を与えてしまう物となっているから早めに消していく事は重要であると言えます。

もしも出来るだけシミを顔の表面に作る様にしたくはないのであれば、出来るだけ長時間紫外線を浴びない様に意識する事が重要となるでしょう。
人体の皮膚に害を与えてしまう紫外線はシミを生み出すだけではなく皮膚がんの原因にもなってしまう場合がありますので、長時間浴びない様に注意していく必要があるのです。

どうしても長時間外に出なくてはいけないのであれば体を守る事が出来る服装にするべきか、あるいは日傘を使用して紫外線を浴び続けない様にしていく事が重要となります。
こうした事を行い続けていくだけでもある日突然シミが大量に出来てしまったという事を防ぐ事が出来る様になりますので意識して予防を行う様にしていきましょう。

現在多くのシミが出来てしまう原因として挙げられるのはやはり紫外線による皮膚のダメージが多いと言えます。

紫外線は特定のビタミンを生み出す事が出来るという有益な面もあるのですが、やはり基本的にはあまりよくない物であると言えますので長時間浴びるのは避ける様にしていきましょう。

後は毎日保湿クリームを使用して定期的な予防を行い続けていく事が非常に重要となります。

ちなみに、美白化粧品も沢山ありますけれど、出来てしまったシミ消し成分としては、ハイドロキノンなどがありますね。

ハイドロキノン化粧品の選び方とおすすめ

もご覧になってみてください。
ハイドロキノンの濃度の話とかまとめています。

突然現れたシミ、出来てまだ日の浅いシミの対策方法

シミというのは基本的に紫外線を長時間浴び続ける様な状況にさえならなければそれほど多く出来てしまうという事は無いのですが、ある日突然シミが現れてしまうという事があります。

鏡を見て急に出来た「顔のしみ」に気づく。
ショックです。

突然現れてしまったシミというのはやはりショックですし、見た目にも影響を及ぼしてしまう場合がありますので早めに消す様にしていきましょう。

顔にシミがあると、老けて見えるんです。
これはもう残念ですが事実です。

出来て日が浅いシミというのは時間が経ってしまった物よりも早くに消す事が出来るので、なるべくならば早めに処理を行う様にすべきです。

簡単な対策法としてはやはりシミ対策として開発された洗顔料を使った方が良いでしょう。
私もそれまで使っていた化粧品をシミ対策化粧品に切り替えてから、シミは濃くなっていませんし長く使っていることで薄くなってきたような気もします。

シミ対策用の成分が含まれている化粧品を使う

大切なのは、化粧品の成分です。

化粧品も配合されている成分で目的が変わってきますよね。

シミを薄くするのであれば、やはりシミ対策用の成分が配合されている事が大切ですよね。
今使っている化粧品を変えるのは、とても効果的だと思います。

こうした洗顔料はシミを消す事を目的として開発されている物となっていますから、どの様な人でも安心して跡を消していく事が出来る様になっているのです。

もちろん使用する際に掛かる時間の消費もそれほど多くはないので、安心して使用する事が出来る様になっています。

特殊な洗顔料は現在では大変簡単に購入する事が出来る様になっていますし、効果もそれなりに早く感じる事が可能となっているので早めのケアを行っていく事が出来ます。

シミは皮膚に現れてきてしまってからすぐにでも対策を行う事で十分綺麗に消していく事が可能となっていますので、不安であれば毎日顔の状態を確認する様にしていきましょう。

顔の状態を確認する様にしていき細かな物を確認する事が出来た場合には、すぐにケアを行い綺麗な肌に変えていきたいですよね。

また洗顔料だけではなく保湿クリームを使用して対策を行っていく事も十分良いと言えます。

皮膚の再生力を大きく高めてくれる効果がある保湿クリームを使用する事で予防を行っていく事が出来る様になりますし、シミを消していく事も可能となるのです。

こちらも洗顔料と同じく簡単に入手する事が出来る様になっている物ですから、特に苦労する事なく使用し続ける事が出来ると思います。

シミは一度出てしまうとどうしても見た目に影響を与えてしまいますので、早めの処置は大変重要となってきます。

シミ対策化粧品の選び方について書いた記事です↓
こちらもご覧になってみてください。

⇒ ハイドロキノン化粧品の選び方とおすすめ

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンはシミを消す効果が大いに期待できると言われていますが、そこまで効果が高いとなると心配になるのが副作用のリスクですよね。

どういった副作用が起こる可能性が考えられるのか確認してみましょう。

まず初めてハイドロキノンを使用された方が多く訴えるのが、使ったらすぐにかゆみやヒリヒリとした刺激、赤みが出る、薄皮がむけるなどの症状が起こったという例です。

必ずしもこのような症状が起こるとは限りませんが、ハイドロキノンの濃度が高いとお肌に刺激を与えすぎてしまうためこのような症状が起こる場合があると言われています。

また、ハイドロキノンは非常に酸化しやすい成分でもあるため酸化が進んだ商品であった場合はこのような症状が起こる可能性があるそうです。

その反面で、ハイドロキノンによるいわゆる好転反応としてこれらの症状が起こる場合も考えられます。

特に皮がむけてきたという場合は新しい皮膚へと再生させているということも考えられますが、素人では本当にそうなのかを判断することが難しいと思います。

もしもこのような症状が感じられて心配になるような場合はすぐに使用を中止するようにしてください。
化粧品を使用していて、気になる症状が出てきた場合には使用をすぐにストップする事が大切です。

また、なかなか症状が改善しない場合はすぐに皮膚科医にご相談されることをおすすめします。

医師の診察を受ける際には使用しているハイドロキノン入りの商品を持参するようにしてください。
この化粧品を使い始めてから、これこれこういった症状が出てきていると言ったように説明をすると、適切な治療を受けることが出来ると思います。

もうひとつ心配は副作用として現れるのが白斑という症状です。

ハイドロキノンは強力な美白効果が期待できるため漂白剤を使ったかのように肌が白く抜け落ちてしまうようになる場合があります。

色素細胞を減少させてしまうことによって白斑が生じる可能性が高くなりますので、高濃度のハイドロキノンを長期に渡って使用することは十分注意する必要があります。

また、ハイドロキノンを使用した直後に紫外線を浴びることは避けなくてはいけません。
かえってシミが強く現れることがありますからUVカットは必須ですね。
ただ、こうした症状が出る可能性は、高濃度を長期に使用したときのようですから、普段使うような化粧品ではそこまでの副作用は心配しなくても良いのかもしれません。

ただ、天気の良い日に外に長時間いることなどは避けたいですね。

このような副作用に注意しなければいけませんので、ハイドロキノン使用時は、正しい使用方法を守りましょう。

ハイドロキノン使用の注意点について

シミを消す効果が高いと言われているハイドロキノンを使用する場合に注意すべきことには、どういった事があるのでしょうか。

まずハイドロキノンがどのくらい配合されているのか、という濃度を確かめてみることが大切です。

早くシミに効果を発揮させたいからという理由でいきなり高濃度にしてしまうと、何らかの肌トラブルが起こる可能性もありますので注意が必要です。
そもそも高濃度のハイドロキノン使用は規制されています。
医師の指示の元での使用、化粧品に配合されている濃度も、低く抑えられているはずです。

注意すべきは、個人で輸入するような場合かと思います。
まずはハイドロキノンの濃度には、気をつける必要があるとのことです。

ハイドロキノンが配合されている商品は色々ありますが、その濃度も様々で2%から4%くらいものものが一般的に普及しているようです。

もし、配合された化粧品がお手元にあるのであれば、濃度を確認してみてください。

そのため初めて使用される方の場合は2%の濃度から使ってみることをおすすめします。
なかなか効果が現れないから高濃度に変えてみようというのも短絡的かもしれません。

ハイドロキノンの効果だけに頼るのではなく、シミができにくくなるように紫外線を避けたり、ストレスを溜め込まないような生活を心がけたり、食生活を改善するなどの努力も必要です。

また、お肌のターンオーバーを促すことも大切なのでしっかり睡眠時間を確保することも大切です。
しっかりと生活面に気を付けたうえでまた違う商品に変えることを検討してみるようにしましょう。

ハイドロキノンが配合された化粧品を使用して日中過ごすことにも注意が必要です。

紫外線の影響を更に受けてしまいやすくなるため、あまり日光を浴びてしまうとかえって余計にシミを増やしかねない状況になります。

ハイドロキノンを使った後は必ず日焼け止め対策もしてあげてください。

また、非常に酸化しやすい成分でもあるそうです。
ですから、長期間保存している商品はできるだけ使用を控えることが大切です。

商品にも推奨される使用期間が設定されている場合がありますが、使いきっていなくても必ずその期間内でのみ使用することを守りましょう。

もしも期間が過ぎてしまった場合は非常にもったいないですが、肌トラブルを起こすリスクを冒すよりも安全性を選んだほうが賢明です。
これは他の化粧品も同様な注意点かと思います。

できるだけ早めに使い切ることができる商品を選んだ方が良いかと思います。